審査 キャッシング

キャッシングの審査基準

キャッシング会社の審査基準は様々です。細かいところは各社によって異なっている為、ある会社で否決を貰ったからといって、すべての会社で審査が通らないという事はありません。そしてまた現在ではキャッシング会社も数多く在り、その中で激しい競争が有る為、審査基準に変化を付けターゲットとする顧客を変えている実情が有ります。それでは、どういった会社の審査が甘いのでしょうか。一覧表で比較してみましょう。

 

審査基準目安(あくまでひとつの目安です)

 

辛い 甘い
金利 低い 高い
規模 大手 新規
知名度 高い 低い
顧客数 多い 少ない
借入金 多い 少ない

 

※太字は好ましいと思われる内容です。

 

といった傾向があるようです。ご自分にあったキャッシング会社を探してください。

お金を借りる方法

お金を借りる方法として

 

@ 銀行から借りる

A 親、知人、友人にお願いして借りる

B キャッシングする

 

があります。

 

@は審査期間が長く、また審査基準も厳しいものがあります。

Aは楽ではありますが、お願いしにくい時があったり、返済日を忘れると気まずくなったりしまいますよね。

Bのキャッシングは@とAのメリットだけをうまくドッキングしたお金の借り方です。

 

比較的簡単な審査で、周りの人に気兼ねすることなく、好きな時にお金を借りられて、自分のペースにあわせて返済できる。キャッシングって使い方によっては大変便利なお金の借り方ですよね!

キャッシングはいかが?

キャッシングのおかげで、最近は便利になりました。

 

一昔前は「定期的な収入が約束されている人」だけが、お金を借りることができましたが、最近は大変ありがたいことに「定期的な収入がなくても」お金を借りれることができます。

 

主婦学生の人って多くの人が定期的な収入がないため、社会的保障も受けにくく、そのためか、なかなか銀行の審査が通らないので、お金を借りることが難しかったのですが、そういった人向けのキャッシングプランも出てきました。

 

サラリーマンであればある程度予測してお金の管理ができていけるのかもしれませんが、主婦や学生だとそうは行かない時も多いと思います。そんな時は便利なキャッシングはいかが?

キャッシングというローン

キャッシングってローンと違うのをご存知でした?

 

キャッシングは限度額が最大300万円で貸し付け期間が比較的短いもので、ローンは場合によっては担保が必要ですが、1年以上の長い期間、キャッシングよりも低金利での貸付を行ってくれるものでした。

 

車や電化製品などを購入するときはローンを使ったことがあると思いますが、ローンは限定されたものを購入するためのお金、キャッシングは自由な使い道のできるお金といえます。

 

ローンの場合は、返済が滞った場合そのものを回収されてしまう可能性があります(契約による)キャッシングならその心配はありませんね!

 

しかも、比較的審査は甘いところが多いです。

消費者金融系と信販・クレジットカード系

キャッシングには大きく2つの方法あります。

 

消費者金融系と信販・クレジットカード系です。

 

消費者金融大手には武富士・アコム・プロミス・アイフル・レイク・三洋信販の6社があり、準大手の中には銀行系のグループ会社もあります(モビット DCキャッシュワン アットローン)

 

消費者金融と聞くとどこか後ろめたいものを感じるかもしれませんが、信販会社やクレジットカード会社のものであれば、よく行くデパートやスーパーのカードに最初からついています。

 

さらに、信販系では短い期間であれば、金利が掛からないものがあります。給料前の少しを乗り切って、給料日にすぐ返せば金利負担なしで借りることができますよね。

Webキャッシング

キャッシングの利用申し込みは色々な方法があります。

 

1番簡単なのはウェブ(Web)での申し込み。各社ともにホームページに用意してあります。

 

確認書類を添付するかFAXする必要があるので、FAXがない方はデジカメやカメラで免許証等を撮影して送る必要があります。

 

2番目は、無人店舗での申し込みでしょうか。無人店舗の場合本人確認書類は画面に見せるだけですので、Web環境がない人は一番利用しやすいのではないでしょうか。

 

3番目は店舗に直接行く。ですね。やはり人と面して話しをしながら、手続きが進められるのって安心しますよね。ウェブ(Web)や無人店舗は24時間受付(一部21時まで)なのも、大変便利ですよね(ウェブ(Web)、無人店舗でも、店舗同様に審査が行われます)

ブラックとは

「借りすぎているからもう枠を増やしてもらえない・・・」

 

いわゆるブラックリストに載ったとか、ブラックと言われるものなのですが、この「ブラック」、実は会社によって審査基準や持っている情報が違うので、他の系列にいけば借りられる場合があります。

 

日本では5つの大きな信用調査をまとめている会社があります。

 

銀行用・旧外資用・クレジット信販用・消費者金融商工ローン用・消費者金融商工ローン系に参加できない用の5つです。

 

新規の案件が欲しい会社などはまだまだ借りれるチャンスがあるので、どの信用調査を利用しているのかを調べてから、審査に出すと借りやすいかも!?

金利0キャッシング

消費者金融系であればどこもそんなに金利が変わることはありませんが、信販・クレジット系までじっくり比較すると金利は随分と変わってきます。

 

特に短い期間だけであれば信販・クレジット系は金利0なんてところも多いので、無駄な金利を払いたくないのであれば、色々な会社を比較する必要があります。

 

ネットで簡単に検索、その後ゆっくり各社の金利や条件を比較できるので一番自分にあったキャッシングを探せるのではないでしょうか。

 

最近では多くの比較サイトがあるので、それらを利用するのも手ですよね。

キャッシングは結局便利

大切な人へのプレゼントを準備するのを忘れてた!でももう銀行は閉まっているし・・・

 

急に呼ばれた遠方での結婚式。突然なので、お金の準備が・・・・

 

部下を奮起するために飲みニュケーションが必要!でも先立つものが・・

 

あと3日で給料日なのに、カードの決済忘れてた!今日中に振り込まなきゃ・・・

 

 

大きな金額のお金ではなく、少しのお金を数日間だけ借りたい時ってありますよね。

「親や友達、同僚に借りるほどのことでもなく、かといって、わざわざ銀行に足を運んで難しい審査を受けてなんて時間もないし・・・」

そんな時に便利なのが、キャッシングです。

キャッシングと主婦

キャッシングって主婦の方達は結構身近なんですよ。

 

最近はどこの大手デパートやスーパーでも会員カード入会キャンペーンとか行っていますが、これに信販・クレジット系のキャッシング機能が付いているものがあります。

 

キャッシング枠は10万円〜30万円程度と消費者金融系に比べれば少ない額ですが、主婦の方であればこの枠内で十分活用できるのではないでしょうか。

 

審査は甘い、といっても、どんな方でも借りれるわけではないですが、主婦ももちろん可能です。

 

また、こういったカードはキャッシング枠とは別にクレジット枠が付いています。

 

クレジット枠で買い物をして、現金が出て行くのを押さえ、少し困った時にはキャッシング枠を使う。うまく使えば急な出費にも対応できるのではないでしょうか。